Blog

これまでに行ってきた作業の実績などを紹介いたします

現在提供中のサービスについて詳しく解説しております

ガーデニングや樹木の剪定・伐採といった管理、除草についてや植物のお手入れ方法など、造園に関する役立つ情報をプロの視点で発信しております。

また現在函南町を中心とした周辺エリアにてお庭や山林の管理に関する様々なサービスを提供しており、具体的にどのようなことを行っているのか、どんなことができるのかなどを紹介しております。これまでに行ってきた作業や庭作り・管理やお手入れなどの実績を紹介しながら、「伊豆ニア・ツリーサービス」についてご案内いたします。

  • 96C7843D-04DF-41BF-BAB8-2F147371C478

    活力剤 えひめAIの効果のお便り 三島市のお...

    2021/11/22
    2週間前にお客様からご連絡を頂いて、今から1ヶ月程前に枯れかけているとご相談があってから、翌日に伺って枯れかけている観葉植物「ウンベラータ」に自作の「えひめAI」を差し上げて散布して頂きまし...
  • 3BF8A4BF-7071-46A4-8804-57CD3F614EC6

    伊豆高原の植木の伐採のお見積り

    2021/11/12
    今年も残り少なくなって来まして、11月も中旬ですが未だ冬の気配も感じられない暖かな秋が続いています。昨年のナラ枯れの影響でしょうか、今年は晩夏から巨木の伐採のお申込みが続いております。昨...
  • 0257C035-AD52-4D54-A9EE-A436470C28E1

    観光地で脚光を浴びる伊東市ですが、秋の富戸...

    2021/11/11
    以前に作業したマツの伐採現場の近くからのワンショットです。夏の海の日の頃に伐採作業をしましたが、あまりの暑さでこの富戸漁港の浜辺にて、ダイビングの行楽客と一緒に水浴びして涼をとって休憩し...
  • F6EF48E4-C6D7-4C70-A10F-E3FEED295567

    函南町 県道沿いの支障枝のカット

    2021/11/11
    だいぶ放置されていた支障枝だったのでしょうか。ようやくカットされて多少は安全になったと思います。。。
  • 7F8DAEFA-29E9-4944-8FFB-6EF75C838A9B

    函南町から見た今朝の富士山 

    2021/11/07
    函南町はパラグライダーも盛んで、眺望が素晴らしい事でも有名ですが、熱函道路からも、写真の様な綺麗な雪化粧の富士山を見る事ができるんです♪
  • FD0602FD-0A55-4D97-9669-FE51B4966C93

    函南町 植木の伐採に呼ばれて下見をしました

    2021/11/06
    畑の中の伐採なので、クレーン車は入る事が困難です。一手間加えて、鉄板を数枚引いておいてからクレーン車を畑内に引いて鉄板の上に駐車して行う作業方法も選択肢の一つでしょうか?それともクライミ...
  • 12305908-32A0-40E1-8125-8CC4CC71746E

    クリスマスのお飾り自作してみましたw

    2021/11/05
    何かと小さいものを自作しているのですが、ハロウィンも終わりまして早くもクリスマス向けのデコレーション小物の制作が進んでいます。材料はアカマツの松ぼっくりと、ハンノキの実を利用してます。先...
  • 323B1FEE-346E-41E0-8D00-BA10FBBE0DBC

    本日の嬉しいお話 えひめAIの効果が出ましたよ

    2021/11/05
    先週に作業に伺ったお客様からご相談を受けました、枯れかけている観葉植物の対応方法として、えひめAIを使う事をお勧めしたところ、翌日に早速えひめAIを観葉植物に噴霧して下さったようで、写真にあ...

NEW

  • 図書の紹介です

    query_builder 2022/01/25
  • 伊豆の国市 韮山の特殊伐採

    query_builder 2022/01/26
  • 三島市 生垣のお手入れ 下見

    query_builder 2022/01/25
  • 早くも2月向けの新作発表致しますw

    query_builder 2022/01/15
  • 自作のお正月飾りですが、私は気に入ってます。

    query_builder 2022/01/12

CATEGORY

ARCHIVE

お庭の維持管理で困るのは木々の剪定や草花のメンテナンスだけではありません。草取りをした後に出た雑草の山、芝刈りをした後のゴミ、剪定作業で出た枝や葉っぱ、割れてしまった・移し替えで不要になってしまった植木鉢などの処分方法、余分な土などの処理といった、様々な不用品・ゴミの扱いに苦労することでしょう。特に植木鉢は「どんなゴミの分類になるか」とわからないことも多く、中に土や植物が残ったままのものでしたら一体どのように取り扱えばいいのかわからずそのままにしている方もたくさんいるのではないでしょうか。

お庭の維持管理には想像している以上の廃棄物が出ることも忘れてはいけません。これらの不用品を個人ですべて処理することはなかなか難しく苦労されている方もたくさんいらっしゃいます。記事内では廃棄物の処理について紹介しており、どうしても難しい場合には処分のご依頼も承っております。